石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
8月 9日

猛暑の経済への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イシハラ

ニッキィさん、こんにちは。暑い日が続きますね。

ニッキィ

こんにちは、イシハラさん。本当ですね。体温より高いような気温が何日も続くと、さすがに厳しいです。でも「夏は暑い方が景気がよくなる」と聞いたことがあります。

イシハラ

確かにそれは事実ですが、別の側面もあります。それでは今回は、夏の気候の経済への影響について考えてみましょう。

◎夏は夏らしく暑い方が、お金は動く

イシハラ

「猛暑効果」という言葉があるように、基本的には夏は夏らしく暑い方が、経済にはプラスに働きます。季節ものの商品が売れて、消費を引っ張るからです。

ニッキィ

ビールとかエアコンでしょうか?

イシハラ

はい。代表的なものはそうですね。他にも、清涼飲料水、アイスクリーム、ドリンク剤、スキンケア用品など、暑いと売り上げが増える商品はたくさんありますし、出荷が増えることで飲料のラベルに使われる素材や商品の梱包に使われる段ボールなどの需要も増えます。もちろん、そうした商品を取り扱うコンビニエンスストアやドラッグストア、家電店などの小売業の業績にも波及します。気温が高いとカフェなどの利用者も増えますし、映画館やボーリング場など室内の娯楽も追い風になると言われています。

ニッキィ

高機能素材の下着やTシャツなども、最近のものは着ると本当にひんやりします。夏物衣料の売れ行きも暑さに左右されますね。特に今年は例年になく酷暑なので、暑さをしのいで快適に過ごすための出費は削れない感じですね。

イシハラ

第一生命経済研究所の推計によれば、7-9月期の平均気温が1℃上昇すると、同じ時期の家計消費支出を約2,884 億円(0.5%)押し上げる効果があるそうです。

◎猛暑のマイナス効果や、反動の可能性も

ニッキィ

猛暑だと景気に良いことが多いようですが、逆に悪い影響はないのですか?

イシハラ

ありますよ。例えば、暑いと家庭で火を使う料理を避けたり、お風呂のお湯が早く沸いたりするので、ガスの需要が減ります。また、外出を控える傾向が強くなるので、野外のレジャー施設の中には「商売あがったり」というところも出てきますね。

ニッキィ

なるほど、確かにそうですね。

イシハラ

さらに今年は記録的な猛暑の一方で、西日本を中心に激しい豪雨で甚大な被害がでました。こうした高温や天候不順といった例年にない異常気象が広くマイナスの影響を及ぼしています。

ニッキィ

生育の遅れや品不足で野菜の価格が上がっていると新聞で読みました。実際に先日スーパーでレタスなどの葉物野菜やピーマン、ニンジンなどの値段が高いなと感じました。秋以降、ミカンやお米の価格や品質にも影響がでてくる可能性があるとも聞きました。家計には痛い話です。

イシハラ

野菜の価格高騰だけでなく、今年の夏の異常気象は、肉や卵などにも影響を及ぼしています。暑さによる食欲不振で豚の体重増加ペースが鈍って出荷頭数が減少、豪雨で一部の食肉処理場が浸水し、物流網の混乱が続いていることも影響して、豚肉の卸値が上昇しました。また鶏も食欲低下で鶏卵のサイズが小さくなっています。

ニッキィ

今後の家計への影響は深刻になりそうですね。

イシハラ

そう思います。食品は購入頻度が高いため、消費者は他の品目より価格上昇に敏感で、節約意識が強くなる傾向があります。さらに過去の猛暑では夏の出費がかさんだ反動で、秋に節約する人が増えて個人消費が落ち込んだケースもありました。

ニッキィ

猛暑は秋の景気にも影響を及ぼすのですね。

◎天候不順に人工知能(AI)が立ち向かう

イシハラ

一方で企業は、天候に関わるデータを分析・活用することで、天候不順に伴うリスクを回避したり、ビジネスに生かしたりする取り組みを始めています。

ニッキィ

データを活用して、ビジネスに生かす?

イシハラ

ビッグデータです。膨大な気象データを人工知能(AI)で解析し、気象の変化に応じて製造、発注、在庫などの量の管理や価格設定を行うシステムの導入を企業が試行し始めています。天候やその影響を高い精度で予測できれば、無駄な在庫を抱えずに済み、適切な価格設定で集客できます。

ニッキィ

なるほど。自然に逆らうことはできないけれど、過去のデータを分析して未来に生かすことはできそうですね。勉強になりました。ありがとうございました。

今月の金言 難易度2 ★★☆☆☆

夏はほどほどに暑く夏らしい天候が続くことが、経済には適温

猛暑は景気の押し上げ効果がある反面、マイナスの影響も小さくない

気象データをAIで分析、リスク回避や業績確保に活用する企業も

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。