石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
9月20日

NISA(少額投資非課税制度)のロールオーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッキィ

イシハラさん、こんにちは。今日は質問があって来ました。よろしくお願いします。

イシハラ

こんにちは、ニッキィさん。どんなご質問でしょう。

ニッキィ

私は、NISA(少額投資非課税制度)が始まった2014年に、この制度を利用して株を買ったんです。たしか、5年で非課税の期間が終わりますよね? 詳しく説明してほしいと思って。

イシハラ

そうですか、ニッキィさん。早いものでNISAも今年が5年目。最近、同じような問い合わせが増えてきました。今日はNISAの基本を復習してから、期間満了を迎える人が考えるべきことや、気をつけておきたいことなどを整理していきましょう。

◎まずはNISAの基本をおさらい

イシハラ

NISAは「少額投資非課税制度」という名称の通り、少額の投資に対する利益を非課税とする制度です。本来、金融商品の収益に対する源泉徴収税率は、復興特別所得税を含めて20.315%です。100万円の投資で10万円の利益が出ると、20,315円の税金が引かれます。これが、証券会社や銀行、郵便局などで NISA口座を開設して金融商品を購入すると非課税になります。

ニッキィ

10万円の利益から税金が引かれず、全額が投資家の利益になるんですよね。

イシハラ

はい、そうです。投資で得られる利益には、換金した場合の「値上がり益」や、保有したまま定期的に受け取る「株主配当金」「収益分配金」などがあります。NISA口座で買えば「値上がり益」と「株主配当金」「収益分配金」が非課税の対象です。ただし、上場株式等の株主配当金については、「株式数比例配分方式」という受け取り方をしなければ非課税になりません。

ニッキィ

投資できる金額に上限がありますよね。

イシハラ

その通りです。NISA開始時は1年間の上限が100万円でした。現在は改正されて、上限は年間120万円です。際限なく税金を優遇すると、お金を持っている人ほど有利な制度になってしまいますからね。

ニッキィ

私は株を買いましたが、NISAが使える金融商品には他に何がありますか?

イシハラ

NISA口座が利用できるのは、上場株式等と公募株式投資信託です。上場株式等には、上場投資信託(ETF)と上場不動産投資信託(REIT)が含まれます。

ニッキィ

預金は対象ではないんですよね?

イシハラ

はい。預貯金、国内債券や債券型の投資信託は対象外です。貯蓄に偏っている日本の家計の金融資産を投資に促す、という意図もありますから。

◎つみたてNISAはコツコツ資産形成する人に向いている

ニッキィ

「つみたてNISA 」という制度も聞いたことがあります。

イシハラ

2018年からスタートした、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度のことですね。こちらは年間40万円まで投資可能で、非課税期間は最長20年間です。対象が積立や分散投資に適した投資信託に限定されている点が特徴です。

ニッキィ

「積立や分散投資に適した」とは?

イシハラ

「販売手数料が無料」で「信託報酬が一定水準以下」というコストの低さと、「収益分配金が毎月でない」、「運用期間が無期限か20年以上」など、金融庁が定めたいくつかの基準をクリアしたものが長期的な運用に向いているとされています。この基準を満たし、つみたてNISAの対象商品となる投資信託が金融庁のホームページで紹介されています。

ニッキィ

投資できるのが年間40万円までとなると、毎月3万円ちょっとですね。積立だとそのぐらいがちょうどいいかも。ボーナスの時はNISAで、普段はつみたてNISAがいいかしら?

イシハラ

残念ながら、それはできません。NISAは「年単位で取引金融機関が1つまで」と決められています。同じ年にA銀行とB証券会社でNISA口座を持つことはできません。それはNISAとつみたてNISAでも同様です。同じ金融機関内でも、同一年にNISAとつみたてNISAの併用はできません。

ニッキィ

じゃあ、私はNISAをやっているから、つみたてNISAは利用できないんですか?

イシハラ

年単位でどちらか一方を選べます。ニッキィさんがつみたてNISAを始めるには、来年以降のNISA口座を廃止して、 新たにつみたてNISAの口座を開設する必要があります。

◎NISAとつみたてNISA、どちらが自分に向いている?

ニッキィ

NISAとつみたてNISA、どちらの方がいいのかなあ?

イシハラ

ニッキィさんの金融資産全体と収入の状況をトータルで見て、投資に回せる資金が毎年新たに120万円近くあるならNISAが良いでしょう。コツコツ積み立てる投資ならできるというなら、つみたてNISAが向いていると思います。

ニッキィ

つみたてNISAなら、腰を据えてじっくり資産形成ができる感じもします。ただ、収入が減った月でも、出費の多い月でも、毎月投資しなければならないんですよね。あまり頑張った金額で設定すると厳しいかな。

イシハラ

視点を変えて、資金を使う時期にポイントを置くとどうでしょうか? 今回のように投資から5年で非課税期間満了を迎えるNISAが良いか、非課税投資期間が最長20年間続くつみたてNISAが良いか、という点で考えてみては。どちらも途中で売却はできますけどね。

◎NISAで5年目を迎えたら、選択肢は3つ

イシハラ

最初の質問に話を戻しましょう。ニッキィさんのようにNISA口座を開設してから5年目の年末を迎える場合、次のアクションのパターンは3つ考えられます。①NISA口座で購入した金融商品を年内に売る ②翌年のNISA口座にロールオーバーする ③課税口座に移す です。

ニッキィ

ロールオーバーは、5年の非課税期間満了後に、金融商品を翌年からの非課税投資枠に移して持ち続けることですね。

イシハラ

はい。ニッキィさんの場合では、2014年に買った株を売却せずに、19年からのNISA口座に移すことです。ロールオーバーをするなら、NISA口座のある金融機関に「非課税口座内上場株式等移管依頼書」を提出します。何もしなければ、③の課税口座への移管となります。注意が必要なのは、②と③はどちらも、5年目の年末の時価が次の取得価格となる点です。

ニッキィ

どういうことですか?

イシハラ

2014年に買った株を、19年にNISAの口座に移しても、また、課税口座に移っても、「移管」のタイミングで買い値がリセットされるんです。18年の年末の株価で移管され、それが19年以降の帳簿上の買い値になります。特に課税口座に移管される場合は、売却する時に損益を計算して納税する際、帳簿価格との差額を損益としますので気をつけて下さい。

ニッキィ

移管したらその時の株価が買い値になるんですね。それが何か?

イシハラ

はい。値下がりした状態で課税口座に移管すると、実際に買った値段よりも帳簿価格が安くなって、見かけ上、売却時の利益が大きくなります。その利益に対して税金がかかるので要注意です。ロールオーバーする場合は、18年末の時価が19年の120万円の投資枠の中で使われて、新たに5年間の非課税期間がスタートします。さらに投資をしたい場合は、120万円からロールオーバー分を引いた残りの金額までがNISA口座で買付けできます。

ニッキィ

実は値上がりして、いま130万円前後になっているんですけど。

イシハラ

それは大丈夫です。当初はNISAの枠を越えた分は課税口座に移すしかなかったのですが、「ロールオーバーの時価合計が120 万円を超えても移管可能」と改正されました。ただ、その場合は2019年の非課税枠をすべて使ったことになるので、NISAで新たな買付けはできません。

◎子どものための資産形成ならジュニアNISA

ニッキィ

来年からつみたてNISAに切り替えたい場合などは、①の「今年中に売る」ですね。老後資金や子どもの教育費のように使う時期が先のものは、つみたてNISAがいいのでしょうか?

イシハラ

お子さんの進学費用なら、子ども名義で「ジュニアNISA」を利用するのも一つの方法ですよ。

ニッキィ

ジュニアNISA?

イシハラ

NISAとつみたてNISAは、日本在住の成人が利用できるのに対して、ジュニアNISAは、日本在住の未成年が対象です。非課税投資枠の上限は毎年80万円で、期間は最長5年間。名義は未成年で、実際の投資判断は親権者が行うのが通常です。18歳になる学年の12月末まで払い出しができませんが、大学進学後の 資金などには使えます。

ニッキィ

進学にかかる費用って結構かかるし、デフレでも教育費は増えていたって聞きますからね。貯蓄などをベースに、上乗せとして活用するのも良いかもしれませんね。

イシハラ

お子さんが成人したら一般NISAに移行できるので、独り立ち資金に役立てることもできます。また、ジュニアNISAの投資枠内だけであれば贈与税がかからないため、祖父母がお孫さんに資金を贈るために利用するのも良いですね。

ニッキィ

これまで投資には無関心でしたが、とりあえず始めていたNISAのおかげで少し成長しました。ありがとうございました。

今月の金言 難易度4 ★★★★☆

NISAは税金優遇のため、制約や条件がある制度。まずは概要をよく知ること

NISAとつみたてNISA、違いを理解して自分に向いている方を利用すべし

NISAで5年目を迎えたら、次は3つの分かれ道

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。