石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
7月11日

外貨建て保険のトラブル多発。注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イシハラ

こんにちは、ニッキィさん。

ニッキィ

こんにちは、イシハラさん。さっそくですが相談に乗っていただけますか?

イシハラ

はい、私で分かることでしたら。何か困ったことでもありましたか?

ニッキィ

実は、私の母が銀行で「外貨建て保険」というものを勧められたと言っておりまして。母の説明ではどんな保険なのかよくわからないのです。満期が来た定期預金をその保険にして良いかどうか、私に聞かれても答えようがなく教えていただきたいのです。

イシハラ

なるほど。流行りの「外貨建て保険」ですね。

ニッキィ

流行っているんですか? じゃあ、やっぱり契約した方がいいのかな。

外貨建て保険の契約で、苦情が増加

イシハラ

あ、ごめんなさい。皮肉を込めて言ってしまいました。ここ数年、外貨建て保険で苦情が増えているので「またか」と思ってしまったのです。

ニッキィ

えっ? 苦情ですか?

イシハラ

生命保険協会によると、銀行などの窓口で販売された外貨建て保険について、2017年度の苦情件数は1,888件、 2018年度は2,543件と 急増しているのです。

ニッキィ

昨年度の平均は1カ月200件以上! どうして苦情が増えているのですか?

イシハラ

苦情の多くは契約時の「説明不十分」によるものです。資産運用の知識があり、金融資産を円だけに固めず外貨でも運用したい、長い期間使う予定のない資金がある、といった人は選択肢に入れてもよいかもしれません。けれども、この保険を必要としない人や、様々なリスクと複雑な仕組みを理解できない人にまで契約させている現状が問題視されているのです。

為替相場しだいで、保険金の価値が変わる保険

ニッキィ

母も説明がよくわからないと言っていました。どんな保険なのですか?

イシハラ

保険には、被保険者が死亡した時に保険金が出る生命保険や、長生きして年金を受け取る年金保険などがあります。この保険を米ドルや豪ドルなどで運用するものが外貨建て保険です。保険料を米ドルや豪ドルなどの外貨で払い込み、保険金を外貨で受け取ります。

ニッキィ

保険金を米ドルで欲しい人なんて、そんなにたくさんいませんよね? 

イシハラ

そうですね。日本で暮らす人にとっては、保険料を円で用意し、保険金を円で受け取るのが通常です。外貨建て保険は、保険料を払い込む時点では円を外貨に換算して保険料を払い、保険金を受け取る時には、外貨を円に両替して受け取ります。

ニッキィ

面倒な話になってきましたね。

イシハラ

保険料の払い込み時の場合、例えば1万米ドルの契約で、為替レートが108円なら108万円の払い込み、為替レートが110円なら110万円の払い込みとなります。

ニッキィ

為替レートによって払い込み金額が違うのですね。保険金を受け取る時は?

イシハラ

保険金の受け取り時については、わかりやすくするために為替にフォーカスし、利回り分を度外視して説明します。保険金が1万米ドルとすると、為替レートが120円になっていれば120万円受け取れますし、円高で105円になっていれば受取金額は105万円になってしまいます。

ニッキィ

受け取る時も、為替レートによって保険金の額が違ってくるのですね。

イシハラ

そういうことです。このことを「為替変動リスクがある」といいます。

ニッキィ

死亡した時にいくら受け取れるかは、その時でないと分からない。

イシハラ

そうです。米ドル建ての保険では、保険金を受け取る時に円安米ドル高なら、日本円に換算すると受取金額が増えます。受取時が円高米ドル安だと、日本円での受取金額は減ってしまいます。対象の通貨が豪ドルなら、対豪ドルの為替相場次第で変動するのです。

なぜ、わざわざ外国の通貨で運用?

ニッキィ

そもそも、なぜ「外貨建て」なのですか?

イシハラ

日本の金利が、何年も低いままだからです。保険会社が契約者から預かった保険料を保険金のために運用しても、日本の金利ではほとんど増えませんから。集めた保険料で金利の高い国の債券を買って運用するのです。

ニッキィ

保険って、運用されていたんだ・・・・・・。

イシハラ

はい。保険会社は、契約者から預かった保険料を金庫で眠らせているわけではありません。保険金支払い時まで、何かの形で運用しています。日本の金利が高ければ、わざわざ為替変動リスクを負って外国の債券などで運用する必要はないのですが。

ニッキィ

母は「定期預金より有利な保険」という点だけ理解していて、為替相場によって保険の価値が変動するとは思っていないようでした。

イシハラ

そこです。苦情の一つに、このような為替変動リスクがあるとは知らなかった、というのがあります。また、この為替レートには注意点があるのですよ。

ニッキィ

注意点?

イシハラ

先ほど、「対米ドルのレートが108円」などの数字を使って説明しました。この為替レートは、為替市場で取引されているレートを元に、保険料を払い込む時には50銭~1円程度上乗せされ、保険金を受け取る時には50銭~1円程度差し引かれたレートを適用することになっています。

ニッキィ

払う時には上乗せ、受け取る時には引かれるのですか?

イシハラ

はい。為替交換手数料です。この説明も契約者にうまく伝わっていないようで、「知らなかった」という苦情が多いのです。

利回りの意味が正しく伝わっていないケースも

ニッキィ

説明を聞いても、理解できているとは限りませんね。

イシハラ

その通りです。他には、「利回り」の説明が正しく契約者に伝わらず誤解したまま契約してしまった、というものがあります。

ニッキィ

利回りというのは、どれだけ増えたかを示すものですよね?

イシハラ

はい。保険契約では利回りを示す言葉として、「積立利率」「予定利率」などが使われます。この定義が丁寧に説明されていないケースが多く、実質的な利回り と違うという苦情になります。

ニッキィ

積立利率や予定利率などと、実質的な利回りはどう違うのですか?

イシハラ

積立利率や予定利率などは、保険金の運用に適用される利率ではあるのですが、契約者が払い込んだ金額から、初期費用や管理費を除いた積立金額に対して計算した利率なのです。契約者が実際に払い込んだ金額に対する受取額の割合である「実質的な利回り」は、積立利率や予定利率より低くなります。

ニッキィ

なるほど。違いを理解していないと、他の金融商品との比較もできませんね。

イシハラ

そうですね。また、外貨建て保険の場合は外貨ベースの利回り表示です。1万ドルに対して何ドル増えるか、という計算です。ところが、3%の利回りで増えたとしても、為替相場が5%値下がれば利回り分も吹き飛んでしまいます。

ニッキィ

なるほど。こういう説明も母のような高齢者には難しいかも。

苦情の多くが高齢者

イシハラ

苦情の多くが60歳以上の高齢者で、特に80歳以上の場合は契約者の家族からの苦情が多いそうです 。契約をした後に保険証券などが送られてきて家族に見せたら、「ちょっと違うぞ」と。取り消しを申し出ても間に合わなかった、といったケースですね。

ニッキィ

あとで「しまった」と思っても、取り消せないのですか?

イシハラ

外貨建て保険は、契約から8日以内であれば、クーリング・オフをすることができます。ただ、書類が届いてもすぐに開封しない人や、「見てもよくわからない」と放っておく人が多く、クーリング・オフの期間が過ぎていた、ということも多いようです。また、クーリング・オフができたとしても、返ってくる金額は外貨建てです。日本円に換算する場合に、先ほど説明した為替交換手数料が差し引かれます。契約の取り消しであるにもかかわらず、為替相場の変動や為替交換手数料によって元本割れということもあり得ます。

ニッキィ

うかつにハンコは押せませんね。

イシハラ

はい。生命保険協会でも、苦情の多い現状を踏まえて対策を打っています。 また、契約する側にも注意が必要です。「契約は1人で判断しない」「内容が分からなければ契約しない」「契約しようとしている保険のリスクを確認する」「契約後も書類などを確認する」といったことを徹底するべきだと思います。

ニッキィ

母にも、外貨建て保険の内容をちゃんと説明して、必要な契約かどうかを本人に考えてもらうようにします。自分で考えられないなら、身の丈に合わない商品ということですよね。ありがとうございました。

今月の金言 難易度4 ★★★★☆

説明不足の外貨建て保険、特に高齢者で苦情が増加

外貨建て保険は、払い込み・受取金額が為替の変動を受ける、リスク性のある保険

業界団体や金融庁により、説明の徹底や家族同席など対策の動きも

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。