石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
11月21日

ふるさと納税の最新事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッキィ

イシハラさん、こんにちは。よろしくお願いします。

イシハラ

こんにちは、ニッキィさん。最近、気になったニュースはありますか?

ニッキィ

10月末に発生した首里城の火災はショックでしたね。昨年、旅行で訪れたばかりでしたので。でも復元を目指した動きがスピーディーで、さすがは沖縄のシンボルだと思いました。

イシハラ

行政が、火災後すぐに再建計画への考えを発表していましたね。那覇市が「ふるさと納税」の仕組みを使って再建資金を募集していますが、開始2日余りで目標額の1億円を突破し、半月時点で5億円を超えています。

ふるさと納税のしくみをおさらい

ニッキィ

ふるさと納税? 自治体に寄付をすると、地元のお礼品が送られてくるっていう、あれですか? お得な制度として人気が出て、その後豪華な返礼品が問題になりましたよね。

イシハラ

はい、そのふるさと納税です。

ニッキィ

ふるさと納税は、自分の出身地でなくても寄付できるんですよね?

イシハラ

そうです。そのため、一部の自治体同士で「よりお得な返礼品を」と、寄付金の争奪戦のようにエスカレートしてしまったのです。

ニッキィ

私の理解は「お礼の品が送られてくるうえ、納める税金が少なくなる」という程度です。もう少し詳しく教えてもらえますか?

イシハラ

ではまず、ふるさと納税の仕組みを簡単におさらいしておきましょう。

ニッキィ

お願いします。

イシハラ

ふるさと納税は、地方に資金を還元する制度です。自治体では学校教育などに費用がかかるほか、地域で子どもを育てています。その子たちが大人になって地元を離れたとしても、育ててくれた地方の財政に還元できるしくみがふるさと納税です。

ニッキィ

よく「実質2千円の負担で、お礼の品が送られてくる」と聞きますが、それは?

イシハラ

ふるさと納税は、もとから税金の制度にあった「寄付金控除」を活用して、ふるさとへの"恩返し"を制度化したものです。日本の税制では、国や自治体、特定の公益法人などに寄付した場合、2千円を超えた金額を税金から引くことができます。

ニッキィ

寄付した額のうち2千円を超えた金額分が返金されるということですか?

イシハラ

いいえ。その点は誤解のないように。ニッキィさんの預金口座に、寄付金から2千円を引いた額が返金されるわけではありません。すでに給与から天引きされている税金や、確定申告で支払うことになっている税金から差し引かれるということです。

ニッキィ

なるほど。税金の負担が少し軽くなるということですね。

イシハラ

はい。控除の対象となる寄付金額には上限がありますし、家族構成などで総所得金額の計算は人それぞれです。詳しい節税額などは、ふるさと納税のポータルサイトなどを使って試算することをお勧めします。

高価なお礼の品が人気でしたが・・・・・・

ニッキィ

ふるさと納税のWEBサイトは、全国の特産物の通販サイトみたいですね。

イシハラ

はい。やはり「その土地ならでは」という返礼品を楽しみにして利用している人が多いようです。

ニッキィ

うなぎや牛肉、フグなどの高級食材や、フルーツやお米など地元ならではの農産品など、おいしそうな画像が並んでいますね。

イシハラ

ただ、制度が浸透するにつれ返礼品競争が過熱し、総務省からの自粛要請が出るようになりました。

ニッキィ

それでも一部の自治体では、引き続き行き過ぎた返礼品を提供していましたね。

イシハラ

はい。ここ数年間、総務省は各自治体に段階的に返礼品の自粛要請をしてきました。例えば、「商品券やポイント、マイルなど換金性の高いもの」「資産性の高いもの」「価格が高いもの」「寄付額に対する調達費用が3割を超えるもの」を自粛するようにと。

ニッキィ

地方の税収を助けて、よりよい住民サービスを提供できるようにというふるさと納税の趣旨はよくわかります。それでもやっぱり、お得な返礼品が欲しくて寄付する先の自治体を決めてしまうのではないかしら。返礼品のお得度が下がると、ふるさと納税は下火になるのでは?

イシハラ

自粛を呼びかけるようになってからも、ふるさと納税は増えています。2018年度は、前年度に比べて金額で約1.4倍、件数で約1.34倍でした。その一方で19年6月からは、「ふるさと納税の指定制度」が始まりました。寄付金の募集を適正に実施する、返礼品は寄付額の3割以下で地場産品とするなどの基準を満たす自治体を、ふるさと納税の対象として総務大臣が指定する仕組みで、4つの自治体が対象から外されました。

ニッキィ

自分が得するだけでなく、お世話になった地元や応援したい地域の力になりたいという気持ちは大事ですね。

寄付したお金が何に使われるか

イシハラ

そうですね。寄付したお金の使い道も気にしたいものです。ふるさと納税は、被災地支援やまちづくりなど、使い道からも選べます。「お得な返礼品」だけが目的ではないと思います。

ニッキィ

へえ、例えばどのような事例があるのですか。

イシハラ

移動図書館や離島の学校教育の情報化、伝統芸能や文化の伝承、若者の地元定着促進、地元の観光や交流支援、森林やサンゴ礁などの自然保護など、さまざまな取り組みの資金源にふるさと納税が役立っています。

ニッキィ

冒頭で話題になった、首里城の再建もそうですね。

イシハラ

はい。東日本大震災が起こった頃から、自然災害で大きな被害に見舞われた際、ふるさと納税で被災地を支援するといった動きが増えています。制度創設当初、そのような使途は想定されていませんでしたけれどね。

ニッキィ

アイデア次第で活用の幅は広がりそうですね。

イシハラ

はい。被災地支援のふるさと納税は、返礼品を送らないのが一般的です。それでも多くの納税が集まっているのですよ。そうそう、アイデアといえば最近はふるさと納税の「物納」も広がっています。

ニッキィ

物納って何ですか?

イシハラ

お金の代わりに土地などで納税することを物納といいます。ふるさと納税は、銀行振込やクレジットカード払い、スマホ決済などで納めるのが通常ですが、物納はその名の通り、自治体に「モノ」を寄付して寄付金控除を受けるしくみです。

ニッキィ

えっ? いらないものを送って節税になるってこと?

イシハラ

いえ、不要なものを何でも送っていいというわけではありません。「楽器寄付ふるさと納税」というユニークなしくみをご紹介しましょう。

ニッキィ

楽器ですか。学校への寄付ですか?

イシハラ

その通り。全国に眠っている、使われなくなった楽器を学校や音楽団体等へ寄付し、その楽器の査定価格が税金控除されるというしくみです。実施している自治体が、サイト上に不足している楽器を掲載して募集します。

ニッキィ

私は吹奏楽部だったので楽器が足りていない事情はよくわかります。

イシハラ

楽器寄付ふるさと納税は、三重県いなべ市の取り組みをきっかけにまだ始まったばかりです。実施している自治体は、いなべ市の他に北海道東神楽町、埼玉県北本市、宮城県富谷市。10月から愛知県日進市と長崎県松浦市も参加しました。

ニッキィ

楽器を寄付してもらった学校の生徒たちは喜ぶと思いますよ。

イシハラ

特に高価な返礼品はなく、寄付者に感謝状を贈るのが通例で、演奏会にご招待という形でのお礼はあるようです。このように、返礼品ありきのふるさと納税の趣旨が少しずつ見直されてきているように感じます。

ニッキィ

気持ちの良い取り組みですね。私も賛同できるプロジェクトを見つけてふるさと納税をしたいと思います。今日は素敵なお話をありがとうございました。

今月の金言 難易度2 ★★☆☆☆

ふるさと納税は、税金の「寄付金控除」を活用した自治体への寄付

高価な返礼品がなくても、ふるさと納税は増えている

寄付したお金を自治体が何に使うのかも大切なポイント

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。