石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
8月27日

災害に見舞われたときに知っておきたい支援制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッキィ

イシハラさん、今年の夏も暑さが厳しいですね。地球温暖化が進んでいるからでしょうか。

イシハラ

本当ですね。雨の降り方も尋常ではありません。ここ数年、自然災害による被害が昔に比べて大きくなっているように感じます。今年7月の豪雨で被災された皆さまには心よりお見舞い申しあげます。

ニッキィ

今はどこに住んでいても自然災害に遭う可能性がありますね。もし自分の身に起こったら、どのように生活を立て直したらよいのか心配です。

イシハラ

そうですね。日ごろから必需品の備蓄や避難方法の確認など、災害に対して備えておくことは大切です。

ニッキィ

着の身着のまま避難しても、手元にお金がないと何もできませんよね。

イシハラ

例えば2011年の東日本大震災や16年の熊本地震などでは、通帳やキャッシュカードがなくても預貯金の引き出しができる措置が取られました。運転免許証などで本人確認ができれば一定金額まで下ろせました。被災したとき、どのような支援を受けられるかあらかじめ知っていれば、いざというときに役に立つでしょう。

ニッキィ

自然災害に遭ったときの支援について知りたいです。よろしくお願いします。

被災者の死亡や障害、住まいの被害に支援金

イシハラ

大規模な災害が起こったとき、国や自治体は災害救助法に基づいて救助をするとともに、被災者の権利や利益を守るための措置をとります。避難所や仮設住宅の設置、炊き出しや避難所の衛生対策などのほか、生活必需品や学用品も支給します。

ニッキィ

個人で備えるには限界があるので、当座をしのぐ制度があるのは助かりますね。でも、被害が大きいと応急的な支援だけで生活を立て直すのは難しいのではないですか?

イシハラ

その通りです。そのために公的な支援制度がいろいろ設けられています。

ニッキィ

どのような制度があるのかを知っているだけで、少しは不安が和らぐかもしれませんね。ぜひ教えてください。

イシハラ

はい。まず生活するために受け取れるお金について説明します。多数の住民が被災した地域には災害救助法が適用され、その災害で死亡した場合、遺族に災害弔慰金が支給されます。けがをしたり病気になったりして著しい障害が出た場合には災害障害見舞金が支給されます。

ニッキィ

いくらぐらい受け取れるのですか?

イシハラ

災害弔慰金は世帯の生計を維持していた人の死亡なら500万円以内、その他の人なら250万円以内、災害障害見舞金はそれぞれ250万円以内、125万円以内で、いずれも市町村条例で定められた金額です。自治体の条例をホームページで調べたところ、多くの自治体は上限の金額を支給します。

ニッキィ

私も自分の住むところはどうなっているかを調べてみます。

イシハラ

次に生活再建のための支援金についてです。被災者生活再建支援制度では、全壊など住まいに著しい被害を受けた世帯に、被害の程度などに応じて50万~300万円を支給します。

ニッキィ

「支給される」というのは、もらえるということですよね?

イシハラ

はい、返す必要はありません。住居の被害で金額を算定しますが、支援金の使い道は自由です。なお、この支援金は1市町村の10世帯以上の住居が全壊した災害などが対象です。

生活を立て直すための資金を借りられる制度整備

ニッキィ

避難所や仮設住宅で寝る場所が確保され、生活物資の支給があり、状況に応じて支援金が受け取れることは分かりました。でも、家も財産も失った状態から生活を立て直すにはもっとお金が必要ですよね。

イシハラ

そうですね。支援金だけでは十分でないかもしれません。次は被災者が生活資金を借りられる制度について説明しましょう。

ニッキィ

今度は「返す必要のあるお金」ですね。お願いします。

イシハラ

災害によってけがをしたり家や家財に損害を受けたりした場合、災害援護資金制度で生活の再建に必要な資金を借りることができます。ただし、いくつかの条件があります。

ニッキィ

どういう条件ですか?

イシハラ

都道府県内に災害救助法が適用された市町村が1以上ある災害などが対象で、世帯主の1カ月以上の負傷、家財の3分の1以上に損害、住居の半壊や全壊・流出などで融資を受けることができます。世帯人数に応じた所得制限もあります。

ニッキィ

条件を覚えていなくても、制度があることを知っていれば良いですね。

イシハラ

はい。詳細は被災したときに知れば良いと思います。返済期間は最長10年で、金利は年3%以内と条例で定められていて、そのうち3年以内(特別の場合5年)は無利子です。貸付限度額は150万~350万円です。

低所得世帯やひとり親世帯にも支援

イシハラ

このほかにも被災者の所得や家族構成によって受けられる支援があるので紹介します。

ニッキィ

はい。お願いします。

イシハラ

低所得世帯は、生活福祉資金制度で住宅補修費や災害援護費の生活福祉資金を借りることができます。大規模な災害では対象世帯の拡大や、返済開始の先送り、返済期間の延長などの特例措置が実施されることもあります。

ニッキィ

ひとり親世帯にも支援が必要でしょうね。

イシハラ

ひとり親世帯には生活の安定のため母子父子寡婦福祉資金貸付金という融資がありますが、この利用者が被災した場合、償還金の支払い猶予などの特別措置が講じられることがあります。

ニッキィ

いろいろと手を差し伸べてもらえるのですね。

イシハラ

生活再建のための公的支援制度はそれぞれ窓口が異なりますが、内閣府ホームページの防災情報のページ内「被災者支援」から一覧を確認することができます。

ニッキィ

平常時に一度、目を通しておくと良さそうですね。

税金納付や保険料支払いなどの期限延長の特例措置も

イシハラ

お金の支給や貸し付けだけでなく、税金や保険料などの支払い期限延長などの特例措置もあるので知っておいたら良いでしょう。

ニッキィ

新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛していた時期に、所得税の確定申告の期限が延長されましたね。そのような措置でしょうか。

イシハラ

そうです。災害などで税金の申告や納付などができない場合、期限が延長されることがあります。災害で収入が減少し、医療保険や介護保険の支払いが難しいと認められれば、減免や支払い猶予になることもあります。公共料金やNHK受信料などに同様の措置があります。多数の死者や行方不明者が出て住宅の倒壊が多く、交通やライフラインが広い範囲で途絶するなど、災害の規模が大きい場合には政府が「特定非常災害」に指定します。被災者の生活立て直しを優先し、さまざまな特例措置が設けられます。

ニッキィ

例えばどのような措置ですか?

イシハラ

運転免許証の更新や家族の死亡に伴う相続手続きの期限延長などです。九州や長野、岐阜県などで大きな被害が出た「令和2年7月豪雨」も特定非常災害に指定されました。指定は18年の西日本豪雨などに続いて7例目です。

ニッキィ

大きな災害が毎年のように起こっていますね。日ごろから防災意識を高めておくことはもちろん、いざ災害に遭ったときにどのような支援を受けられるかを知っておくことはとても重要ですね。ありがとうございました。

今月の金言 難易度2 ★★☆☆☆

支援制度を知ることも災害への備え

大規模災害へのお金の支援は給付金と貸付金の2本立て

生活再建を優先し、手続きの期限を延長する措置も

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。