石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
11月19日

金融犯罪から自分のお金を守ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッキィ

こんにちは、イシハラさん。最近キャッシュレス決済のサービスを利用することが増えましたが、不正引き出しなどの被害が多いので私も心配しています。

イシハラ

こんにちは。ニッキィさんのように、キャッシュレス決済に対し不安を抱く声をよく聞きます。

ニッキィ

ポイント還元などがお得だと思ってキャッシュレス決済を始めたのですが大丈夫かしら。

イシハラ

では今回は金融サービスで頻発する不正取引やその対応についてお話ししましょう。

メリットが多いキャッシュレス決済

ニッキィ

よろしくお願いします。キャッシュレスをまったく利用しないのも時代の流れに逆らっているようで難しいと思います。上手な利用の仕方を知りたいです。

イシハラ

その通りですね。キャッシュレス決済は利用者にとって便利なサービスです。店舗での支払いがスムーズになるだけでなく、電子商取引の決済にも利用できますし、個人間でお金のやり取りができるサービスもあります。

ニッキィ

決済記録が残るので家計の管理に便利です。

イシハラ

確かにそれもメリットの一つですね。お店にとっても、レジを担当する人員を減らしてを他の業務に配置するなど運営の効率化に役立ちます。レジに現金がなければ強盗などの被害防止にもつながります。

ニッキィ

店員とお客さんの接触を避けることができるので感染症防止にもなりますね。

イシハラ

その通りです。サービスを提供する企業には、顧客の消費行動のデータが蓄積されるのでマーケティングに活用できます。

ニッキィ

キャッシュレス決済の利用を前提に、セキュリティーに注意することが大切ですね。

イシハラ

そうですね。では、よくある金融犯罪の例を見てみましょう。

預金口座があれば誰でも被害に遭う可能性

ニッキィ

最近、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った不正引き出しがニュースになりましたね。

イシハラ

ドコモ口座は事前に登録した銀行口座から入金(チャージ)すると、「d払い」というスマートフォン(スマホ)決済での買い物や送金に使えます。メールアドレスとパスワードの設定だけで簡単に開設でき、電話番号は不要です。本人確認は銀行口座の登録だけで、なりすましをしやすい仕組みだったため、不正引き出しの標的になったようです。

ニッキィ

ドコモと携帯電話の契約していないのに被害に遭った人もいるようですね。

イシハラ

その手口は不正に取得した銀行の口座番号とキャッシュカードの暗証番号を使ってドコモ口座を開設し、銀行口座からドコモ口座に送金して預金を引き出したとみられています。

ニッキィ

被害に遭った人の銀行口座は地方銀行の口座が多かったみたいですね。

イシハラ

そのようです。ドコモ口座と銀行口座を連携する際の認証手続きで、本人確認が緩い銀行が狙われたようです。ドコモ側も、本人確認は銀行任せの甘さがあったようです。

ニッキィ

怖いですね。私はNTTドコモの携帯電話を利用していないし、ドコモ口座の存在すら知りませんでした。でも被害に遭ったら・・・・・・。

イシハラ

自分が被害に遭ったことは、預金口座の通帳やインターネットバンキングで、取引履歴に「ドコモコウザ」「デイーバライ」と記載されていることでわかります。

ニッキィ

不正取引が発覚してから、何か対策が打たれたのですか?

イシハラ

今後は、顔認証サービスやSMS(ショートメッセージサービス)を利用した認証強化策を導入する予定です。

カード情報を盗み取って偽造カードに悪用

ニッキィ

この他にもクレジットカードや電子マネー、QRコードによるスマホ決済などで不正な送金や引き出しなどの被害が相次いでいますね。

イシハラ

はい。クレジットカードに関わる犯罪に多いのが「スキミング」です。カード情報や暗証番号を盗み取ってて悪用するものです。

ニッキィ

盗み取るってそんなに簡単にできますか?

イシハラ

「スキマ―」と呼ばれる小型の専用読み取り機でカードの磁気データを読み取るのです。貴重品ロッカーの暗証番号を盗撮してロッカーを開け、カードを抜き取ってスキミングする手口もあります。

ニッキィ

そのデータを使った偽造クレジットカードによる買い物代金が請求されるのですね。

イシハラ

このような犯罪が多発しているため、金融庁は銀行に対して、使い捨ての「ワンタイムパスワード」などを使った2段階認証や指紋などを使った生体認証など、厳格な本人確認の仕組みを導入するよう求めるとともに、キャッシュレス決済事サービス事業者にも銀行と連携した本人確認の強化を求めています。

インターネットを使ったフィッシング詐欺やワンクリック詐欺も

ニッキィ

ほかにも金融に絡む犯罪の話はよく聞きます。

イシハラ

振りこめ詐欺は社会問題になりましたね。ほかに、銀行員や警察官を装って言葉巧みに暗証番号などを聞き出したりキャッシュカードをだまし取ったりするなりすまし詐欺、郵便で送り付けた偽の書類に暗証番号の記入や押印をさせて返送を求める手口などがあります。

ニッキィ

インターネットを使った犯罪も多いようですね。

イシハラ

フィッシング詐欺やワンクリック詐欺が多発しています。フィッシング詐欺は偽の電子メールやWebサイトを使って、クレジットカードの番号やID・パスワードなどのアカウント情報を盗み取ります。

ニッキィ

私にも変なメールが届いたことがあります。利用していない金融機関のパスワード再登録を求める内容でした。

イシハラ

そのような偽のメールは、実在するサイトのURLにとてもよく似たた別のアドレスを作って誘導していることが多いです。例えば、アルファベットの「o(オー)」を数字の「0(ゼロ)」にしたり、アルファベットの大文字「I(アイ)」を小文字の「l(エル)」にするなどです。

ニッキィ

パッと見て気づきにくい仕掛けですね。気を付けなくちゃ。

イシハラ

ワンクリック詐欺はWebサイトやメールに記載されたURLを一度クリックしただけで一方的に契約の成立を通告し、高額な料金を支払うよう求めらる詐欺です。

ニッキィ

うっかりその被害に遭ってしまったらどうしたらいいのですか。私ならとても慌ててしまうかも。

イシハラ

そうですよね。脅し文句を真に受けてしまうかもしれません。でも、消費者が契約する意思がないのにコンピューターの操作ミスなどで申し込んでしまった場合は救済措置があります。「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」にその規定があります。

ニッキィ

間違ってクリックした場合や、意図せずWebサイトを閲覧して請求された料金は払わなくていいのですね。少し安心しました。

イシハラ

不用意にWebサイトにアクセスせず、文面、特に規約などをきちんと読むようにしましょう。業者に連絡を取っては絶対にいけません。どうしても心配なら、支払う前に総務省の電気通信消費者相談センター、全国の消費生活センター、警察などに相談しましょう。トラブルになりそうなときは表示されたデータの保存や画面印刷、行った手順のメモを取っておきましょう。

被害に遭わないように自分で対策を

ニッキィ

被害に遭わないように事前に気を付けておくことはありますか?

イシハラ

まずは個人情報を不正に抜き取られることのないよう管理に万全の注意を払うこと。暗証番号は推測されやすい番号を使わない、他のサービスと共有しない、定期的に変更する、などです。

ニッキィ

暗証番号を入力する時、周囲に人や隠しカメラがないかどうかも確認するようにします。

イシハラ

万が一、情報が抜き取られても被害を最小限に抑えるための備えも大切です。買い物の利用額を最小限にすることやキャッシング利用額をゼロにすることなどは有効です。また、クレジットカードの被害には保険がついているので60日以内なら補償制度があります。

ニッキィ

クレジットカードの利用明細をこまめにチェックしていれば不審な支払いに気付きますね。

イシハラ

はい。クレジットカードで不審な取引があったらコールセンターにすぐ連絡を。カード利用が停止され、再発行の手続きをしてくれます。一方、個人情報を登録した記名式の電子マネーの大半は利用停止措置が完了した時点での残高やポイントが補償されますが、無記名式の電子マネーは紛失・盗難の補償制度はありません。

ニッキィ

自分の身は自分で守らなければなりませんね。ありがとうございました。

今月の金言 難易度2 ★★☆☆☆

メリットの多いキャッシュレス、セキュリティーに注意しながら利用

不正利用の犯罪増加で認証が厳格化

利用者自身も被害防止に細心の注意を払うこと

ファイナンシャル・プランニング・コーチ
石原敬子さん

大学卒業後、証券会社に入社。営業12年余の経験から、資産運用アドバイスを専門とするCFP&コーチ。コーチングを取り入れお金と行動の両面からコンサルティングを行う。