ニッキィ女性のからだ相談室
9月19日

避けられるがん 子宮頸がん

「母が胃がんの手術を、叔母が子宮頸がんの疑いがあり再検査をしています。がんが身近な存在で不安です……。がん家系なのでしょうか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
質問 「母が胃がんの手術を、叔母が子宮頸がんの疑いがあり再検査をしています。がんが身近な存在で不安です……。がん家系なのでしょうか?」

 医学が進歩を続けているにもかかわらず、がんになる人は減少していません。ご質問のニッキィさんのように身近に感じる人は、むしろ増えているかもしれません。なぜだと思いますか? それは長生きする人が増えているからです。

 がん細胞は、正常な細胞が分裂する際にコピーミスを起こし発生すると考えられています。私たちのカラダでは日々、細胞分裂が繰り返されています。長生きをすれば細胞をコピーする回数も多くなり、ミスコピーをする頻度も高まります。そのため年齢が高くなれば、がんを発症する人も増えるというわけです。
 つまり、長生きできる時代に生きる私たちにとって、がんは決して無縁な病気ではありません。そこで、女性特有のがんに限らず、がんについて3回に分けて詳しく解説していきたいと思います。

 不安な気持ちを減らすためにも、まず、がんについてぜひ知っておいてほしいことがあります。

 ●がんには「避けられるがん」がある
 ●がんは1日にしてならず=早期発見できる
 (正常な細胞ががん細胞になり、さらに発症するまでには時間がある)
 ●「避けられないがん」でもリスクは減らせる

 がん細胞が1個できてから、検査で認識されるがん細胞約1億個(=1cm大の腫瘍)になるまでに10年かかると計算されています。しかし、一度1cm大にまでなってしまうと、わずか1年で2cm大へと急速に増殖してしまうのです。

 では「避けられるがん」とはなにか? がんはできる場所などによってさまざまな種類があり、細かく分類するとおよそ80種類あります。これらの多くは細胞のコピーミスがきっかけで起こりますが、ごく一部に、ウイルスや細菌の「感染」によって発症するがんがあります。「子宮頸がん」「胃がん」「肝臓がん」などです。これらは「避けられるがん」です。
 ウイルスや細菌は、遺伝的要因を除き、多くの場合が外からもたらされます。そして、ウイルスはウイルスごとに開発されているワクチンや抗ウイルス薬によって、細菌は抗生物質によって、感染を予防できたり退治できたりします。

 まずは「子宮頸がん」からみていきましょう。
子宮頸がんを引き起こすのは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスです。性交渉の経験がある女性の約80%が一度は感染するといわれるほど一般的なウイルスです。感染しても知らず知らずのうちに自浄されることがほとんどですが、HPVには100種類近い型があり、一部の悪い型が繰り返しもたらされると、細胞ががん化してしまうことがあります。

 残念ながら現在、HPVに対する抗ウイルス薬はありません。しかし、ワクチンがあります。ワクチンは半年かけて3回受ける筋肉注射で、日本では12歳から16歳であれば無料で受けられます※(自費の場合は7〜8万円)。数年前には副作用によるリスクがニュースになりましたが、海外では子宮頸がんのワクチン接種は普及していて、世界的には子宮頸がんはワクチンで撲滅できるものとなりつつあります。

 また、子宮頸がんは、数あるがんのなかでもごく早期の発見が可能ながんです。それは子宮が体表から近い部分にあり、正常であればわずか7cm程度の小さな臓器だからです。肝臓のようにカラダの奥にある大きな臓器では、物理的に見つけ出すことが難しいわけです。
 容易にくまなく検査しやすい子宮頸がんは、細胞ががん細胞になる手前の「過形成」や「異形成」という段階で発見が可能であり、早期の対策も可能です。そんながんは他にありません。まさに「避けられるがん」なのです。

 それにも関わらず、日本で子宮頸がんを発症する女性は年間約1万人にのぼり、3000人もの女性が毎年命を落としています。「避けられるがん」で命を落とさないでください。早期発見のチャンスを逃さない手はありません。1年に1度の定期検診をしっかり受け、再検査になったら怖がらず必ず専門医を受診してください。 

 次回は「避けられるがん」のうち「胃がん」と「肝臓がん」について紹介します。そして「がん家系」についてもお話します。 

※12歳になる年度の4/1から16歳になる年度の3/31まで。

結論 長寿社会では、がんは身近な存在です。 「子宮頸がん」は1年に1度の定期検診で早期発見できます。 「避けられるがん」は避けましょう。
医学博士・産婦人科専門医
スポーツドクター
高尾美穂さん

医学博士、産婦人科専門医、スポーツドクター、ヨガ指導者。婦人科医療、スポーツ、ヨガの3つの柱を軸にイーク表参道で女性それぞれのライフステージ・ライフスタイルに合った選択肢を提示し、女性の人生そのものをサポートしている。