イベントレポート
7月27日

2017年6月25日・club Nikkeyイベント『ビギナーのための競馬1日体験講座』@東京競馬場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA競馬の上半期、最終日。特別な1日を満喫!

2017年6月25日(日)、東京競馬場(東京都府中市)にて「ビギナーのための競馬1日体験講座」が開催されました。この日はJRA競馬の上半期の締めくくりとなる競馬開催日とあって、あいにくの小雨模様にもかかわらず、朝から競馬ファンが行列を作っていました。そんな賑わいの中、特別室で行なわれたニッキィイベントには35名が参加。東京競馬場の特別な1日を楽しみました。

01.jpg

――【10:00】 特別室で体験講座、開講

体験講座の会場は、東京競馬場フジビュースタンド7階にある「ゲストルーム」。来賓受付から入退場する特別室で、一般のお客様は入ることのできない場所です。コース側は全面ガラス張りで専用扉からテラスへ出られます。早めに来場された参加者はさっそくテラスからの眺めを楽しんでいました。皆さんが揃ったところで体験講座がスタート。今日は競馬新聞や競馬マスターガイドが教科書です。

02.jpg

講師には、かつて競馬のラジオ番組DJをしていたこともあるフリーアナウンサーの竹山まゆみさんも登壇。幅広い競馬知識とともに、騎手、調教師、馬場造園課など、競馬の世界を支えるプロフェッショナル達の仕事ぶりなども紹介してくれました。

03.jpg

――【10:30】 競馬場内見学へ出発!

音声ガイドを装着して、解説を聞きながら競馬場内の主要施設を巡るガイドツアーへ。東京ドーム約13個分の敷地をもつ東京競馬場には見所がいっぱい。競馬を楽しむ女子として知っておきたいのは「UMAJO(ウマジョ) SPOT」という女性専用のカフェスペースで、無料のコーヒーサービスやグッズ販売コーナーなどがありました。屋外に出ると、レース前の馬が練り歩く「パドック」やレースが行われる「コース」が広がり、馬や騎手たちが間近に。コースを見下ろす客席「フジビュースタンド」は、競馬場のなかではなんと世界最大級のスタンドです。圧巻の風景に高揚感が高まります。

04.jpg

――【11:20】 ランチはお食事券でお好きな競馬場グルメを満喫 

場内には12のレストランと70以上のカフェや売店があり、「大穴ドーナツ」という競馬場らしいネーミングが楽しい名物スイーツも。ランチタイムは一時解散となり、14店舗で利用できるお食事券が配布され、参加者は思い思いの競馬場グルメを楽しみました。

――【13:00】 約90分のセミナーで競馬をじっくり学びます

午後は特別室に再集合して、セミナーです。前半は「馬券の買い方」レクチャー。「馬券は計9種類ありますが、大きく分けると3つ。当てる馬の数が、1頭か2頭か3頭かです。そして馬券の名前に"単"が付いているものは"着順"を当てる馬券です。初心者は、3着までに入る2頭を当てる"ワイド"という馬券がおすすめです」と、手ほどきを受けました。セミナー後半は「競馬新聞の読み方」レクチャー。「細かい字がいっぱいで一見何が書いてあるかわかりませんが、これは宝の地図。この新聞の中に載っている馬のどれかが必ず勝つのです。読み解きがいがありますよね!」と言われると、新聞の読みこなしにもついつい気合いが入ります。

05.jpg

――【14:20】 いよいよ実践! 自分で予想して馬券を買ってみます

馬券のしくみと買い方、競馬新聞の読み方がわかったら、実践あるのみ。一人ひとり真剣なまなざしで予想していきます。馬券は出走の2分前まで購入できるため、ギリギリまで悩む姿も。馬券を買ったら、貸し出されたオペラグラスを片手にレースの行方を見守ります。

06.jpg

――【15:30】 東京競馬場のメインレース&阪神競馬場のGI「宝塚記念」に挑戦!

JRAの競馬は同じ日に、全国の複数の競馬場でレースが開催されます。それぞれ1日12レースが行われ、11レース目が「メインレース」と呼ばれます。この日の競馬開催地は東京、阪神、函館で、なかでも阪神競馬場のメインレースは「GI(ジーワン)」と呼ばれるトップレースのひとつ「宝塚記念」です。15:30には東京競馬場のメインレースが出走、その10分後、15:40には「宝塚記念」が出走とあって、参加者は予想、購入、観戦にと大忙し。レースの様子をテラスから見守ったり、テレビ画面に釘付けになったりしながら一喜一憂。競馬の醍醐味を味わいました。

07.jpg

――【16:30】 年に1度の「芝コース開放」へ

最終レースまで競馬を楽しんだ後は、普段は入ることのできないバックヤードを経由して「芝コース」へ。上半期締めくくりとなるこの日は、年に一度、特別にコースに一般の人が立ち入ることができる「芝コース開放日」。競馬ファンにとっては夢のような日なのです。つい先ほどまで馬が疾走していた芝は想像以上にデコボコで驚きます。記念撮影をしたり、特製ボトルにダート(砂地コース)の砂を詰めてお土産にしたり、競馬場のレア体験を堪能してイベントは終了しました。皆さん、1日ありがとうございました!お疲れさまでした!

08.jpg

【参加者の声】

「とても楽しかったです。盛りだくさんの内容でした」
「実際に馬券を買ったり、パドックを見たりと実体験できたので、頭に入りやすかったです」
「競馬=おじさんのものという印象が変わりました」


★今後も、ニッキィ会員さんの好奇心や知識欲を満たす、楽しいイベントを企画して参ります。どうぞ、お楽しみに!