イベントレポート
11月 9日

club Nikkeyイベントin大阪
「マネーセミナー&生産者をお招きしてのシャンパーニュの楽しみ方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月14日(土)、大阪本社1階 カンファレンスルームで、「club Nikkeyイベントin大阪」を開催しました。今回のテーマは「お給料を知ったら私のお金がふえるかも?!&生産者をお招きしてのシャンパーニュの楽しみ方」です。

<第1部 マネーセミナー>

20171014_01.jpg
第1部講師:大石 泉さん

第1部は、ファイナンシャルプランナーで株式会社NIE.Eカレッジ、一般社団法人夢の実現サポーター代表の大石泉さんを講師にお迎えしました。「源泉徴収票で知る、私のお金あれこれ~控除枠利用でお金がふえるかも!?」と題し、源泉徴収票の見方や税額控除枠の利用について学びました。

お金をふやす方法は3つ。①働いて稼ぐ、②減らして貯める、③貯まったお金を投資する。そのためには家計の収支を知ることが大切。そのためにも家計簿をつけましょうとのことでした。レシートをスマホで撮影して集計してくれるアプリもあるので活用してみましょう。

そして、お金は投資しないと増えません。投資で資産を増やすためには、「トレンドを知る」「変化点を知る」ことが大切。投資には日本経済新聞の情報が欠かせません。大石さんのおすすめの紙面は夕刊の『マーケット・投資』面(月~土曜日)。初心者にもわかりやすい投資情報が満載の「あすの投資に役立つ」紙面です。火~金曜付は右面で為替、株式、金利、商品など市場動向を一覧できます。

20171014_02.jpg

参加したニッキィたちの感想は
・源泉徴収票の見方は分かっているつもりだったが、いろいろと再確認できた。
・控除や税率の基準など、曖昧だったがしっかり理解できた。
・iDeCoとNISAの違いも知らなかったので、大変ためになりました。これからしっかり税金対策を頑張ろうと思った。
など、大変好評でした。

<第2部 生産者をお招きしてのシャンパーニュの楽しみ方>

20171014_03.jpg
第2部講師:ジェレミ・ルメグさん 流暢な日本語でした!

お金のお勉強をした後は、お楽しみのシャンパーニュの試飲タイムです。まずはフランス国内で愛されるシャンパーニュ「カナール・デュシェーヌ」の輸出マネージャーのジェレミ・ルメグさんからシャンパーニュに関するお話しをうかがいました。

シャンパーニュの故郷、シャンパーニュ地方はパリ北東150kmに位置します。ワイン用ぶどう生産の北限にあたります。冷涼でぶどうの栽培には厳しい地域ですが、春と夏の日照時間は長く、適度な降雨量もあり、良いぶどうが生産できます。涼しい気候でぶどうがゆっくりと熟成することで、さらにはシャンパーニュ地方の白亜質(真っ白な石灰質土壌)の土壌が影響し、酸味とミネラル分の高いブドウからシャープなキレ味のあるシャンパーニュが生まれます。

シャンパーニュに使われるぶどうは、ピノ・ノワール(赤い果実の香りと力強い果実味)、ピノ・ムニエ(柔らかくしなやかでフルーティーな果実味と丸み、口当たりの良さ)、シャルドネ(柑橘類や白い花の香りとしっかりした酸、ミネラル、爽やかさ、繊細さ)の3種類。3種のぶどうをアッサンブラージュ(ブレンド)したり、単独で用いたりしながら、それぞれの品種の個性を引き出したシャンパーニュが造られます。

20171014_04.jpg

講演のあとは、シャンパーニュの試飲。ドライフルーツとチーズのおつまみも用意しました。今回試飲したのは、カナール・デュシャーヌの「キュヴェ レオニー ブリュット」と「キュヴェ レオニー ブリュット ロゼ」の2種類。ルメグさんにシャンパーニュの味わい方を教えていただきながら、楽しくいただきました。Cincin!(乾杯!)

<シャンパーニュを楽しむコツ>
■冷やし方=理想飲用温度6~8℃ 氷水入れクーラーに30分間 / 使用前日から冷蔵庫へ
■最適グラス=フルート型のグラスで。湧き上がる泡立ちとアロマが楽しめます。アロマを逃がさぬよう、注ぎはグラス2/3の高さまで。
■抜栓=①キャップシール上部分除いて留め金を外す、②少しボトルを傾けて栓をしっかりと抑えながらもう一方の手でボトルを回していく。ゆっくりと炭酸ガスを抜くのがコツ
■ティスティング=まず色調、深み、泡立ちを目視。グラスを近づけゆっくりと香りをかぎ、芳香とアロマを確認。口に少量を含み、しばらくそのままにして、シャンパーニュの風味、特徴、複雑さを楽しみます。

20171014_05.jpg
イベントの最後には、講師のお二人から素敵なプレゼントも。

参加したニッキィたちの感想は
・きれいな日本語で丁寧な説明が分かりやすかった。
・あまり期待していませんでしたが、とても貴重な体験でした。結婚式の乾杯などで何気なく味わっていたシャンパンがどういうものか知ることができてためになった。
・ブドウ品種の説明が興味深かった。テイストの違いが感じられて新鮮だった。
・なかなかない企画でよかった。
など、こちらも大変好評でした。

アンケートには「日経は社会人に必要な情報発信元」や「朝、日経を読んで私の1日が始まる」など、日経を活用したり仕事や暮らしに役立てたりというご意見もいただきました。