イベントレポート
10月18日

2018年9月27日・club Nikkeyイベント『日経de朝活!in東京』 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PREP(プレップ)法でプレゼン上手になろう!

出勤前の朝時間を利用して、幅広いスキルを身につける『日経de朝活!』。今回は、東京・日本橋茅場町にある「CAFE SALVADOR BUSINESS SALON」で、『朝活手帳』の池田千恵さんによるプレゼンテーションのスキルアップ講座が開催されました。

1.png

2.jpg

◎池田千恵さん

株式会社朝6時 代表取締役。企業や自治体に朝型勤務導入のコンサルティングを行う。また、外資系戦略コンサルティング会社勤務などで累計75,000枚以上のプレゼン資料を作成した経験から、伝えるプロとして"考えをまとめる・人を動かす図解資料のポイント"を体系化し、セミナーでも活躍。個人に向けては、教えるプロ(講師・コンサルタント・専門家)として起業したい人が商品作りを学べるコミュニティー「教えるプロのための自分商品化実践会」(https://ikedachie.com/ipro-asa/)を主宰。9年連続プロデュースの『朝活手帳』など著書多数。

3.png

★この日の朝食メニュー@CAFE SALVADOR BUSINESS SALON★

イベント特製「サーモンのラップサンド」は簡単に食べられてヘルシー。野菜も摂れて食べ応えも十分。トマトジュース、フルーツティー、コーヒーなど7種類のドリンクもお替り自由でした。

----1分半で自己紹介&記事シェアリング

人影もまばらな東京・茅場町の朝。15分前頃から続々と参加者が集まり、朝7時30分、定刻通りにイベントがスタートしました。テーブルごとに2〜3人1組となり、まずは自己紹介と記事シェアリングです。各自、最近1週間で気になった日経新聞の記事を持参しその内容を説明する記事シェアリングは、いわば小さなプレゼンテーション。1人1分半で、名前、職業、記事について発表し合います。池田さんから「あと30秒です」の声がかかった時点で、まだ自己紹介の途中の人も多数。急いで記事について語り出す姿も見られました。

4.png

語り出すとあっという間に1分半が過ぎていきます。

----PREP(プレップ)法に感情を盛り込むことで印象深いプレゼンに

続いては、池田さんによる「プチ講座」です。短時間でわかりやすく要点を伝えるために、主張(Point)→理由(Reason)→事例(Example)→主張(Point)の順で話を展開する「PREP(プレップ)法」が紹介されました。このうち「理由」と最後の「主張」に自分らしさを加えることで、初対面の相手にも覚えてもらえる印象的なプレゼンができるといいます。

=具体例=

●主張:私(池田さん)が気になった記事は、東京都が始めた「時差Biz」というプロモーションについての記事。時差通勤で通勤ラッシュを緩和させようという試み。

●理由:私の経営する「株式会社朝6時」が、このプロモーションにお声がけいただけなかったことが悔しかった。

●事例:朝活手帳のプロデュースや朝活イベントの企画などプロモーションのノウハウを10年蓄積してきたが、まだまだ実力と知名度が足りないと感じた。

●主張:だから私は「時差Biz」の記事が気になった。もっと自社の活動を認知してもらって、東京都からも声がかかるようになりたい。

このように、「理由」に感情を盛り込むことも効果的。そのまま感情をぶつけることはビジネスではNGですが、筋道を立てて話を展開するPREP法を使いながら上手に盛り込めば、人となりや思いが伝わる印象に残るプレゼンになります。

5.jpg

池田さんのプレゼンは理路整然としていてとてもスムーズ。

----同じ内容でも話の組み立て次第でわかりやすくなる!

このPREP法を使って話を組み立て直し、同じ記事を使って2度目の記事シェアリングに挑戦です。どのテーブルでも、最初と同じ1分半と思えないほど、滑らかなプレゼンが繰り広げられ、心なしか皆さんの声も自信に満ちています。聞き手が大きく頷いているテーブルもありました。話の組み立てによって同じ内容でもぐっとわかりやすくなること、相手にしっかり伝わることを体感できました。

6.jpg

2度目の発表のために、集中して話を練り直しました。

----新聞記事の図解表現をヒントに

また、「わかりやすいプレゼン資料を作るために、新聞の図解が参考になります」と池田さん。新聞の図解は大きく分けると「数の増減」「比較」「流れ/仕組み」の3つあるといいます。わかりやすいイラストやアイコンを添えるだけで、内容が伝わりやすくなります。見方を変えればプレゼン資料作りのヒントにあふれている新聞紙面。新しい新聞活用術を教わりました。

7.jpg

「図の内容やタイトルを考えるのも記者の仕事です」と、記者出身のニッキィ事務局メンバーが記事作りの舞台裏を話す一幕も。

----「行ってらっしゃい」で締めくくる朝活

この日は自由歓談の時間を多くとったプログラム。PREP法によるプレゼンを通じてお互いの理解が深まったおかげで、テーブルごとにニッキィさんどうしの会話に花が咲いていました。異業種の女性に出会い交流できるのもニッキィイベントの魅力です。

最後に『朝活手帳2019』を5名にプレゼントするじゃんけん大会を開催してイベントは終了。「おつかれさまでした!ではなく、行ってらっしゃい!で終わるのが朝活のいいところ」と池田さん。「皆さん、行ってらっしゃい!」の声に見送られて、それぞれの職場へと出勤しました。

8.png

すでに朝活手帳を愛用しているニッキィさんもいました!

【参加者の声】

「ポイントがわかりやすくてよかったです。早速使わせていただきます」

「明解でスッと記憶に残る内容。朝活に来てよかったです」

「PREP法、使えるように訓練してみます!」

「コンパクトにまとまったワークを実生活(就活)でも活かしたいと思います」

「プレゼンのヒントをありがとうございました」

★今後も、ニッキィ会員さんの好奇心や知識欲を満たす、楽しいイベントを企画して参ります。どうぞ、お楽しみに!