イベントレポート
4月11日

2019年1月13日・club Nikkeyイベント『ビギナーのための競馬1日体験講座』@京都競馬場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN2428バルコニー観戦.JPG

DSCN2448バルコニー観戦2.JPG

2019年1月13日(日)、京都競馬場(京都市伏見区)で『ビギナーのための競馬1日体験講座』を開催しました。この日のメインレースは「第66回 日経新春杯」。毎年開催する重賞競走(G2)です。そんな特別な日なので、普段は入ることのできない貴賓室に23名の競馬初心者ニッキィさんたちをご招待。競馬のいろはを学びながらレースを楽しみました。

【10:50】特別玄関からゴンドラ階(7階)貴賓室へ

参加者のニッキィさんたちはいったん競馬場に入場したあと、警備員のチェックを受けて特別玄関へ。馬主をはじめ来賓専用の入口です。受付でピンクのリボンを受け取って、ゴンドラ階(7階)の貴賓室に到着。7階の廊下には絵画が並び、豪華な雰囲気です。貴賓室のバルコニーからの眺めは最高。ゴールは真下の絶好の観覧スポットです。

DSCN2386来賓入口.JPG DSCN2384来賓受付.JPG DSCN2388来賓室廊下.JPG DSCN2389来賓室ドア.JPG

【11:00】競馬の基礎を学びます

日本経済新聞社大阪本社の井上販売局長の挨拶に引き続いて、競馬を楽しむ基礎知識の講座です。講師は株式会社中央競馬ピーアール・センター関西事業所調査役の筧博之さん。普段から京都競馬場で開催される「ビギナーズセミナー」の講師をされています。

講義は馬券の種類から。馬券は9種類あり、枠連以外の馬券はすべて馬番号で買います。3着までに入れば的中になる「複勝」から1~3着までを正確に当てる「3連単」まで難易度もさまざま。難易度の高い馬券ほど高配当になります。JRAでのこれまでの最高配当は2012年の新潟競馬場でのもの。3連単でなんと100円が2,980万円になりました。馬券を買うためのマークカードの記入の仕方も教えてもらいました。初心者には応援する馬を1頭決めて買う単勝や複勝がおすすめとのことです。

次は自分が応援する馬の見分け方。まずはゼッケンの番号ですが馬が重なっていると番号が見えないこともあります。そこで、ジョッキーの帽子の色や服(勝負服)の模様で見分けます。帽子の色は出走枠で決まっていますし、服の模様は馬主によって決まっています。

最後は「日経の読み方」ならぬ「競馬新聞の読み方」。予想欄の◎は本命、○が対抗、▲が3番手。これはどの新聞でも共通ですが、それ以外のマークは新聞ごとに異なることもあります。初心者に必要な知識をわかりやすく説明していただきました。

DSCN2404競馬講座講師.JPG DSCN2409競馬講座全体.JPG

講師の筧博之さん

【12:00】まずはランチタイム

講義終了後はランチタイム。ハンバーグのお弁当でした。その後は「乗馬センター」を見学です。

DSCN2439弁当.JPG

【13:00】乗馬センターで馬に触れる

京都競馬場の「乗馬センター」では、ふれあい体験イベント用のミニュチュアホースや乗馬用の馬、レースの際にパドックや馬場で競走馬を先導する誘導馬など24頭の馬が繁養されています。なかには引退した競走馬も何頭かいて、乗馬として調教されています。馬に触れたことのないニッキィさんもいて、近くで見る馬の大きさに最初は恐々。しかし、すぐに慣れて馬の頭をなでなで。乗馬センターの帰りにはコースのそばでレースを観戦しました。間近で見るとスピード感がまったく異なります。

DSCN2459乗馬センター1.JPG DSCN2461乗馬センター2.JPG DSCN2482乗馬センター3.JPGDSCN2462乗馬センター4.JPGDSCN2473乗馬センター5.JPG

DSCN2488センター帰りレース.JPG DSCN2507センター帰りパドック.JPG

【13:30】思い思いに競馬を体験

見学終了後はいよいよ競馬体験の始まりです。競馬新聞を眺めて熱心に研究。貴賓室のあるゴンドラ階には専用の勝馬投票券(馬券)売り場もあります。ここでは機械ではなく窓口の女性にマークカードを渡せばOK。記入ミスがあっても大丈夫です。人生初の馬券は当たるかな?

DSCN2516投票所.JPG DSCN2530新春杯馬券.JPG

【15:45】いよいよ日経新春杯発走!

いよいよ第11レース、日経新春杯です。競馬場では1日に12レースが行われますが、11レースがその日のメインレースです。出走頭数は16頭、芝コース2,400メートルと今日のレースの中で最長の距離です。コースを1周とちょっと走ります。砂煙が巻き上がるダートコースのレースは迫力がありますが、やはり競馬は芝。ダートよりもスピードも上がります。しかもこの日は良いお天気で芝がきれいに見えます。

レースは本命の2番グローリーヴェイズが1着。2着は10番のルックトゥワイス、3着は5番のシュペルミエール。表彰式は真下のウイナーズサークルで行われます。ニッキィさんたちもバルコニーから見学です。プレゼンターは井上販売局長でした。

DSCN2541日経新春杯出走馬.JPG

DSCN2544新春杯レース.JPG DSCN2546新春杯レース2.JPG DSCN2550新春杯レース3.JPG

DSCN2554デムーロ.JPG DSCN2569デムーロ表彰.JPG DSCN2576局長とデムーロ.JPG

【16:30】バックヤードツアーへ

最終の12レースまで思いっきり競馬を楽しみ、最後はバックヤードツアーへ。ニッキィ会員にはささやかなお土産をお渡しして、最後のイベントに出発です。

まず最初に普段は立ち入ることのできないパドックへ。その後は、地下の通路を通ってコースへ向います。コース手前の検量室を外から見学。斤量を調整するための鉛のおもりも触ってみることができました。検量室の前にはインタビューボードもあり、勝利ジョッキー気分で記念撮影するニッキィさんも。そして、最後は表彰式が行われたウイナーズサークルへ。夕日がきれいでした。

DSCN2601バックヤードツアー.JPG DSCN2605パドック養生.JPG DSCN2609通路移動.JPG

DSCN2617計量会見前.JPG DSCN2622計量用錘.JPG DSCN2639花の馬.JPG

競馬の面白さはもちろん、レースの迫力や競走馬の美しさを楽しめた1日でした。ビギナーズラックで馬券を当てたニッキィさんも。これからも競馬を楽しんでくださいね。

ニッキィさんの感想

・競馬は場外馬券場などのイメージがあり、あまり良い印象ではありませんでした。競馬場は芝がきれいでこれまでのイメージと違い、とても頭を使って勉強になりました。一日があっという間でした。

・インテリジェンスでとてもエレガント。次回(があれば)ぜひ着物で参加したいと思いました。

・馬を間近で見て、触れて、とても楽しめました。