イベントレポート
8月 2日

澤上篤人氏に聞く! おしごと女子の投資なんでも座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

01.JPG

2019年4月19日、アマン東京33階「イタリアンレストラン アルヴァ」(東京・大手町)を会場に、日本の長期投資のパイオニア、澤上篤人さんを囲む座談会を開催しました。170人以上の応募者の中から選ばれたのは、投資未経験者から投資歴数年のビギナー投資家まで5人のニッキィさん。おいしい料理を味わいながら、投資の意味、お金との付き合い方、人生哲学など幅広い話題で盛り上がりました。

◎澤上篤人(さわかみあつと)氏

さわかみホールディングス代表取締役。長期投資47年という運用界のレジェンド。スイス金融大手ピクテの日本代表を経て1999年、日本初の独立系運用会社さわかみ投信を創業。一大ファンドを育てた。「カッコよくお金をつかう大人を増やしたい」と語る。日経ヴェリタスにて「人生100年こわくない」を連載中。

●まずは、乾杯&初めましての自己紹介

02.JPG

1週間の仕事を終えた金曜の夜、東京・大手町にある都内屈指のラグジュアリーホテル「アマン東京」でイベントが幕開け。全員が揃ったところでまずは乾杯です。

03.JPG

1人ずつ自己紹介をしながら、投資への関心ごとについて語っていきました。

04.JPG

前菜の「桜鯛のクリード ウドとピンクペッパー」を皮切りにディナーもスタート。サルシッチャのタリアテッレ、京鴨胸肉のメインディッシュ、ティラミス、小菓子へと続く5皿のコースです。

●投資はなぜ難しいんだろう?

05.JPG

「そもそもなんで投資が必要だと思う?」「どうして皆まじめに働いているの?」「投資が難しく感じるのはなんで?」と澤上さんからの問いかけに、参加者は思い思いに返答しました。

そして、澤上さん。

「高齢化社会かつ長寿社会になったけれど年金はあてにならない。だから投資、という人は多い。年金代わりのため、お金のために投資をしている。でも世の中、パッパと儲かる方法なんてあるはずがない。それがわかっているから、皆まじめに働いているんです。

一般の投資が難しかったり怖かったり感じるのは、儲けようとするから。損をしたらどうしようと不安だからです。

皆、詐欺には引っかからないのに"投資"と言われた瞬間にやり始める。そこに多くの人が群がる。儲けを目的とした投資家がいっぱいいるのが今のマーケットです。

僕たちがやっている投資は目的が違う。儲けではなく、企業を応援するための長期的な投資です」

06.JPG

●応援する企業はどうやって探したらいいの?

07.JPG

澤上さんの投資哲学を聞くと、次に湧いてくる疑問は応援する企業の探し方など具体的なこと。参加者からも次々に質問が飛びました。

Q「どうやって応援すべき企業を見つけるんですか?」

A「まずは自分が日々生活していて、この会社がなくなったら困るなあと思うところでいい。これがあって嬉しいな、ありがたいなと思うものを日常の中に見つけてください。感情的でいいんです。候補を見つけたらその会社のことを半年くらいよく観察してみる。やっぱり好きだな、応援したいな、と思ったら少しずつでもいいから買い続ける。そしてその会社のやることを、その後もちゃんとチェックし続ける。思いを乗せることが大事ですし、買ったきりの無責任はダメです」

08.JPG

Q「何社くらいに投資するのがいいんでしょうか?」

A「3〜5社で十分。相手が多いと思いが散漫になってしまうでしょ」

Q「どのくらいの期間、応援し続けるべきですか?」

A「ずーっと。自分が年老いて呆けるまでです。途中でその会社の社長が交代したり、経営方針が変わったりしてダメになることもありますが、そんな時は3〜4年は待ってみる。それでもダメなら応援するのをやめる。やめるのは自分の自由だから。少なくても20年以上はやってみてほしいです」

Q「貯金のうちどのくらいの割合を投資に回すのがベストですか?」

A「僕はもし1000万あったら、さしあたって生活するための20万円だけ手元に残して、980万は投資に回す。お金を手元に置いといても、もったいないだけ。社会の役に立てるべき。お金にも楽しく働いてもらうことが大切です」

●哲学をもって生き、カッコよく投資する

09.JPG

長期投資は極めて人間的だと語る澤上さん。話はひとり一人がどう生きるべきかという人生哲学にまで広がっていきました。

「自分の夢や思いを乗せられるのが投資です。意思を持って投資するためには、未来の社会がどうなっていてほしいか、自分の夢は何か。そのためには本や新聞を読んで勉強することも大事だし、何より意思や哲学をもって生きていくことです。

そして、お金をカッコよく使う。カッコよく企業を応援するんです」

10.JPG

「どんな会社でもいい時も悪い時もあって上がり下がりがある。すると、儲け目的のにわか応援団も出てくる。

でも僕らは本物の応援団だから応援している会社がピンチの時、にわか応援団たちが離れていく時こそ株を買う。長く買い続けて応援するんです。長期投資はとても人間的です」

●女性たちが長期投資をし始めたら世の中が変わる

11.JPG

「女性は長期投資に向いています。男性はああだこうだと頭で考えるけれど、女性はいいものはいい!とはっきりしているところがある。

社会の半分は女性です。女性たちが哲学をもって長期投資をし始めたら世の中は変わります。女性が先に動けば、世の男性たちもついてきます」

12.JPG

「投資は尖っていいんです。自分のお金ですから、バランスを取ったり、ものさしで測ったりしなくてもいい。自分も働きながら、自分のお金にも楽しくカッコよく働いてもらいましょう。夢や思いを乗せた長期投資、ぜひやってみてください」

13.JPG

終了予定時間が過ぎても尽きなかった澤上さんと参加者たちの問答。あっという間に2時間半が過ぎていました。帰り際には、澤上さんにサインをもらったり記念撮影をしたり。近距離、少人数での貴重な座談会となりました。

=参加者の声=

「疑問や意見を口にすると、その場で『そうじゃないよ』と教えてもらえたので理解が深まりました」

「将来が漠然と不安でしたが、澤上さんの話を聞いて未来が明るくなりました」

★今後も、ニッキィ会員さんの好奇心や知識欲を満たす、楽しいイベントを企画して参ります。どうぞ、お楽しみに!